イチョウ葉

イチョウ葉にはさまざまな効能があると考えられていることを、みなさんはご存知ですか。イチョウは私たちに大変馴染のある植物です。秋には美しい黄色に染まり、美味しい実ももたらしてくれます。
「金色の小さき鳥の形して銀杏散るなり夕日の丘に」という与謝野晶子の歌は、日本人にとってのイチョウを象徴するものではないでしょうか。

そんなイチョウは、壮大なスケールの歴史を生きてきた植物なのです。2億5千万年も前から今の姿で生き続けています。その間には恐竜が滅び大氷河期も過ぎました。しかしイチョウは変わりなく毎年春には緑色に芽吹き、秋には金色の葉を落とし続けているのです。
この生命力を支えているのが、イチョウ葉に含まれている強力なふたつの有効成分です。

イチョウ葉を代表する有効成分がフラボノイドです。植物色素のひとつで、強力な抗酸化作用を持っています。万病のもととされる活性酸素を撃退する抗酸化物質として、期待されています。もう1つの有効成分がギンコライドという香り成分です。
ギンコライドには血流の改善・血栓予防・抗炎症作用などの効能があると考えられているのです。

抗酸化作用と血流改善・抗炎症作用をもつ有効成分を含んだイチョウ葉は、まさに健康食品の王様と呼べるのではないでしょうか。現代人を脅かす疾病のほとんどは、活性酸素が引き起こしていると言われています。さらに生活習慣病の多くが血圧や血行不良に関わるものです。
イチョウ葉のサプリメントを上手に使って、現代人もイチョウのような生命力を培いたいものですね。

イチョウ葉やその他の情報